×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2012年9月


9月24日

どーもー


りゅうさんの里でーーす






この名乗りをスカイプでやったらスベった扱いされました。

これにスベったもクソも無いと思うのですが如何でしょうか?



まぁここの名乗りも薄れてしまうぐらいの更新頻度になってしまったんですね。






僕の笑いのツボが少しおかしいからなのか
僕の発言一つ一つに何か意味があると勘ぐられているような、意味を求められてる様な
そんな気がするのは自意識過剰でしょうか?












言うて、やっとりますけども。







漫画といえば最近はマガジンのA-BOUT!にハマってますね。
単行本買ってドラクエやりながら読んだりしてます。


A-BOUT!(マガジン公式サイト

チャンピオン以外では貴重になってしまった少年誌の不良漫画です。
作者が楽しそうに描くギャグ要素はイマイチなんですが、それ以外の部分は
しっかり不良漫画しててよろしい。

何巻かの帯に「この漫画がスゴい!ランキング 男編21位!」というアオリは笑いました。



不良漫画を解説すると、
不良の中にも筋を通してる奴と通してない奴とか
外道と王道とかそういう要素があります。

具体的にどういうものかというと
不良同士、つっぱってる者同士でやりあうのが王道。
一般人に手を出すのが外道。

とか

タイマンで決着をつけるのが王道。
集団で個を潰すのが外道。


みたいな。
大体の不良漫画の主人公は前者に分類されて
敵役の後者と戦うのがベタでしょうかね。

で、なんやかんやあってタイマンして、

「お前の拳効いたぜ!」
「ああ、俺たちはもうダチだ!」


みたいな。あるある。



不良は不良でも基本的な流れは勧善懲悪なので、誰でも楽しめるんじゃないかと思うんですが
オタクの方々には余りウケがよろしくないですね。はい。



A-BOUT!で特に面白いと思うのが、同じマガジンで連載している君がいる町を
作中作としてやたらぶっこんでくるところ。
君がいる町はこういう漫画だよ!
2chでもよくネタにされるイメージがある瀬尾公治作品なだけにヤバい。

作者同士の仲がいいのかなぁ。

瀬尾公治の代表作は涼風やな。













ドラクエ

先日東京ゲームショーでイベントが行われました。
開発者と会場参加者が強いモンスターと一緒に戦うという内容でしたが
なんと一般プレイヤーも野次馬で観戦できるという展開。

我ら大したメンバーもちょうど集まっていたので
行ってみるかと参戦。

人が集まりまくりでWiiの処理が全く追いつかない!処理落ちしっ放し。


クソつまらん発言連発して、2chに晒され倒す輩も出てきて大混乱でしたが
雰囲気を楽しめただけでも良かった。

これがネトゲの面白さなのやもしれぬな。





ついでにイベント後も結構人が残ってたので
我ら精鋭部隊がドヤァと言わんばかりに強敵と対戦。
これがまたおうえん入りまくりで楽しかったですねー。

僕も調子こいて
「まぁ見てなw

「おにこんぼうの倒し方見せてやるよ

「ドヤァ


とかチャットでほざいてました。
メンバーで一番弱いのに(苦笑





こういうイベントは中々無いと思うので貴重な体験でしたな。





ドラクエは現在次のばーうpに向けてレベル上げしてる感じですかね。
金策とかも頑張りたいんですが追いつきませぬ。











日記は止めぬ!


では!